2010年02月03日

海外留学の高校生、ピーク時の7割に(読売新聞)

 文部科学省は28日、2008年度中に日本から海外に3か月以上留学した高校生は3190人だったと発表した。

 ピーク時の7割ほどの水準で、調査を始めた1986年度に次ぐ少なさ。専門家は不況に加え、「海外への好奇心が薄れ、内向きになっているのでは」と指摘している。

 調査は、全国の高校生を対象に隔年で実施。88年度に海外の高校で得た単位の認定など留学制度が整備されたこともあり、92年度には4487人に上った。しかしその後は減少傾向になり、今回は前回06年度調査から2割近く減った。

 国別では、一番多い米国が1150人(前回比23%減)でピークの4割以下に。カナダ460人(同25%減)、オーストラリア438人(同27%減)など人気国も軒並み減少した。

 こうした傾向について、交換留学を支援する全国高校生留学・交流団体連絡協議会の江夏啓子幹事長は、「少子化や不況の影響もあるが、保護者も、生徒も、無理して海外に出なくてもという傾向が続いているため」と分析。「かわいい子には旅をさせるべきなのですが」と話している。

暴力団組長が「特別席」で相撲観戦(産経新聞)
3兆円減の予算対案=財政再建を強調−自民(時事通信)
子ども手当は満額支給、官房長官が強調(読売新聞)
普天間「残り4か月で決着」シナリオに暗雲(読売新聞)
閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)
posted by ヤマカワ トシハル at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<南城市長選>現職の古謝景春氏が再選(毎日新聞)

 南城市長選(沖縄県)で古謝景春氏(54)が再選。元県議の親川盛一氏(68)▽獣医師の新城建一氏(69)を破る。投票率は74.47%。

 確定得票数次の通り。

当12697 古謝 景春=無現<2>[自][公]

 10215 親川 盛一=無新[民][共][社][国]

   129 新城 建一=無新

ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪(産経新聞)
統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
全国の「市」と「町」、同数の784に(読売新聞)
「ライ麦畑でつかまえて」のJ・D・サリンジャー氏、91歳大往生(スポーツ報知)
中学生、塾代が過去最高=公立校18万8000円−不景気でも伸び・08年度調査(時事通信)
posted by ヤマカワ トシハル at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。