2010年05月29日

最年少11歳プロ棋士、ほろにがデビュー(産経新聞)

 天才少女、ほろにがデビュー。最年少記録でプロ試験に合格して話題となった囲碁の藤沢里菜初段(11)が24日、東京都千代田区の日本棋院で行われた第20期竜星戦の予選で公式戦デビューを果たしたが、残念ながら勝利はならなかった。

 竜星戦はテレビ棋戦の一つで、藤沢初段は抽選の結果、予選B2回戦から出場し、4年先輩の堀本満成二段と対戦した。黒番が当たった藤沢初段は、先輩の男性棋士相手にひるむことなく果敢に攻めて戦ったが、及ばなかった。

 藤沢初段は、祖父が故・藤沢秀行名誉棋聖で、父は藤沢一就八段。今年2月に11歳6カ月の史上最年少記録でプロ試験に合格し、4月1日付でプロ棋士になった。「勉強して準備してたけど、あっという間だった。(負けて)少し悔しかった。次回の棋戦(対局)では勝ちたい」と、初勝利に向けて目を輝かせた。

【関連記事】
日本巻き返しへ攻防の名手が意欲 26日から囲碁世界アマ選手権
20日から第49期十段戦本戦
JOC 費用の一部負担も検討 囲碁などアジア大会派遣
囲碁の本因坊戦、羽根が先勝
「中国囲碁界の恩人」 北京で「藤沢秀行記念室」開幕式
虐待が子供に与える「傷」とは?

角膜を親族優先提供 50代夫から妻に 改正移植法で初(産経新聞)
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」(産経新聞)
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
福島党首、普天間対応めぐり「党内分裂は考えられない」(産経新聞)
自動車火災、都に賠償命令=交通規制の発炎筒から引火―東京地裁(時事通信)
posted by ヤマカワ トシハル at 22:27| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。