2010年01月23日

<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)

 【栃木】県庁舎の男性用トイレに広告を出してみませんか−−。財政健全化に取り組む県は、不況で大幅な税収減が予想される中、男性用トイレ内に掲載する広告の募集を始めた。「少しでも歳入を確保したい」(県管財課)という苦肉の策だが、興味を示す企業は現れるか−−。

 県は財源不足を補うため、昨年1月から本館1階の県民ロビー内、15階の展望ロビー内、エレベーター内の計24枠で、広告の掲載を始めた。多数の企業から応募があり、倍率は平均3・5倍。広告掲載料として、年間264万円の収入があった。

 今回は1階と15階の男性用トイレ内の16枠を合わせ、計40枠で募集する。トイレ内の広告掲載は福田富一知事のアイデアで、県管財課は「全国でも初めての試みでは」と話す。便器の前に立った際、目の高さに広告がくるように枠を設置した。

 掲載料は県民ロビー内が1万5000円、展望ロビー内が1万円、エレベーター内が5000円、トイレ内が1250円(いずれも月額)。掲載期間は4月1日〜来年3月31日。1カ月単位で申し込むこともできるが、応募多数の場合は掲載期間が長い方が優先となる。申し込みは2月19日午後5時まで。問い合わせは同課(電話028・623・2075)。【戸上文恵】

【関連ニュース】
愛知県:一般職給与4%減 2年連続抑制へ
直方市:歳入確保を強化、対策本部設置へ 12年度の黒字化実現目指す /福岡
ネット競売:財源確保へ県、全庁挙げて取り組み 合計、昨秋から270万円 /山口
記者の目:「コンクリートから人へ」目指す予算案=平地修(東京経済部)
行政:財源確保に、売れるものは何でも/山口県、不用品売却で270万円売り上げ

マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携−阪神大震災経験教訓に(時事通信)
軽乗用車使ったコンビニ強盗犯を再逮捕(産経新聞)
統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑−県警(時事通信)
<定額給付金>「消費」64.5%…内閣府調査(毎日新聞)
3新人が届け出=宮崎市長選(時事通信)
posted by ヤマカワ トシハル at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。